シルクスクリーン シルクスクリーン シルクスクリーン
TOP ご注文 スリマッカとは ご利用ガイド HOW TO ワークスペース みんなの作品
HOW TO
原稿の作り方
スリマッカの組み方
版の張り方
刷り方
そうじ
ホルダーの使い方
版の張り方
上手な張り方を覚えて、どこでもシルクスクリーンができるようになりましょう。
① 版をまっすぐ置く ② 指でゴムを入れる ③ ローラーで差し込む

版のツルツル面を上にして、図案が真ん中にくるように置きます。

反対に置いてしまうと、仕上がりが反転してしまうので注意しましょう。

版が動かないように、片手で押さえながら真ん中から角に向かってゴムを入れていきます。

指の腹で押すのではなく、爪を立てると入りやすいです。入りが弱いと浮いてきてしまう場合があるので指で入る限界まで押し込みます。

どうしても入れにくい場合は、ローラーを使ってください。はじめから一気に奥まで入れすぎると歪みの原因になるので注意してください。

 

全部の辺にゴムが入れられたら、ローラーを使ってさらに押し込みます。真ん中から角に向かってたるみを逃がしていきましょう。全体を徐々に押し込んでいき、最後はしっかり奥まで押し込みましょう。

④ もう1本ゴムを入れる ⑤ 余った部分を切る ⑥ 浮かしパーツをはめる

1本でも版は張れますが、もう1本ゴムを入れると版に強度が出て作業中にゆるんできにくくなります。2本目は、いきなりローラーを使って大丈夫です。真ん中から角に向かって押し込みましょう。

ゴムを入れられたら、はみ出た版やゴムを切りましょう。版を貼った部分やスリマッカを切らないように注意してください。

角に浮かしパーツをはめます。少し浮かすことで刷るものと版が離れやすくなってきれいに刷れます。

ホルダーを使う場合は、固定しない側だけつけてください。

⑦ マスキングテープを貼る ⑧ いざ印刷へ 外した版をもう一度張る

浮かしパーツをつければ、もう印刷できる状態ですが、インクがスリマッカについてしまったり隙間に入り込んでしまわないように、マスキングテープを張って防ぎます。貼っておくとそうじもしやすくきれいに使えます。

あとは刷りたいものに刷りたいだけ刷りましょう!

基本的に版は使い切りなので、一度張ってはがした版をもう一度張るのはあまりオススメはしていません。ただ、きれいに張れば何度かは使用できるのでご確認いただいた上、お使いください。

ご注文 スリマッカって なんなん? Q&A ご利用ガイド ワークスペースに ついて 実験室 JAM LAB HOW TO みんなの作品 シルクスクリーンって なんなん? トラブルガイド ツヤプリパウダー

Copyright© 2016 JAM co.,ltd. All Rights Reserved.

Copyright© 2016 JAM co.,ltd. All Rights Reserved.