シルクスクリーン シルクスクリーン シルクスクリーン
TOP ご注文 ご利用ガイド HOW TO みんなの作品
トラブルガイド
よくあるトラブルと対策をまとめました
便利な道具も使いこなせなければ意味がない。しっかり使い方を覚えてものづくりの幅を広げよう!
かすれる にじむ 残像が出る
版が目詰まりを起こしていませんか?

版にインクが詰まっているとインクがうまく落ちません。気づいたらそうじをしましょう。

スキージーの角度を高くしていませんか? 力は弱すぎませんか?

力が弱すぎたり、スキージーを立てすぎるとインクが落ちにくく、かすれてしまいます。

版と刷る物との距離・ 平行は保てていますか?

どんなにスキージーの力加減・角度がバッチリでも、距離と平行が保てていないとスキージーの力が均等にかからないのでムラになります。シルクスクリーンを刷る際に最も重要なポイントなので刷り始める前に必ず確認しよう!

力は強すぎませんか? スキージーの角度を低くしていませんか?

力を入れすぎたり、スキージーの角度を寝かせすぎるとインクがたくさん落ちてにじんでしまいます。力加減と角度に注意しましょう。

一度にじむと、たくさん落ちすぎたインクが版の裏側についてしまっているので拭き取らないとしばらく残像のように印刷されてしまいます。

版と刷る物との距離・ 平行は保てていますか?

どんなにスキージーの力加減・角度がバッチリでも、距離と平行が保てていないとスキージーの力が均等にかからないのでムラになります。シルクスクリーンを刷る際に最も重要なポイントなので刷り始める前に必ず確認しよう!

刷る物は固定できていますか?

面積が広い場合、刷っている物が版に貼りついてしまう場合があります。はがす時に滑って動いてしまうと、ブレたような仕上がりになります。特に紙は滑りやすいので、刷る物は動かないように固定しましょう。

版の裏側にインクがついていませんか?

刷った直後の横などに刷る場合、前に刷った所が乾いていないと版の裏側にインクがついて次に刷る時に汚してしまいます。拭き取らない限りずっと残像が出てしまいますので、必ず拭き取りましょう。もしくは手につかなくなるくらいまでしっかり乾かしてから重ねて刷るようにしましょう。※刷る前に版の裏側が汚れていないか確認してから刷りましょう。

版に穴が開いた 隙間に水が入る
版を使いすぎていませんか? テープを貼りましょう。

版は何度も使っていると傷んできます。

図案と関係ない部分に穴が開いてきた場合は、マスキングテープなどで裏側からふさいでください。

あまりにひどい場合は、新しい版に貼り替えてください。

そうじの際、強く擦りすぎたりすると版が傷みますので、丁寧に扱うように心がけましょう。

プラスチックの成形上、スリマッカの裏側には隙間が空いています。そこにインクや水が入り込むことがあるので、マスキングテープや養生テープなどで塞いでおきましょう。それでも入り込む場合があるので、洗った後に再度テープを貼り直すことをおすすめします。

ご注文 スリマッカって なんなん? Q&A ご利用ガイド ワークスペースに ついて 実験室 JAM LAB HOW TO みんなの作品 シルクスクリーンって なんなん? トラブルガイド ツヤプリパウダー

Copyright© 2016 JAM co.,ltd. All Rights Reserved.